結婚

なぜ6月?ジューンブライドの意味や由来は?

投稿日:2018年2月21日 更新日:

スポンサードリンク

 

「ジューンブライド」という言葉を聞いたことがありますか?

女性の方なら聞いたことがある方は多いと思います。

というか、結婚を夢見る女性ならなおさら。そして、憧れの言葉ではないでしょうか。

ジューンブライドには「6月の花嫁」「6月の結婚式」という意味です。

 

ジューンブライド・・・6月に結婚すると一生幸せになると言います。

どうして6月に結婚すると幸せになれるの?

ジューンブライドの事実と由来についてお話しようと思います。

スポンサードリンク

 

雨が多い6月に結婚式が多い意外な事実は?

 

冒頭で申し上げたように6月に結婚式をすると幸せになれると申しました。

でも、これって実は・・・

企業戦略であるって知ってました!?

ん?どういうこと!?

 

6月は日本では梅雨の時期ですよね。雨が多く降る日が多いし、天気も不安定です。

そんな日が続けば外に出るのが億劫になりますよね。

そうなると困るのは、デパートやせっきゃきう業をしているお店の方々。

そして、結婚式場のスタッフの方も売り上げに困っていました。

そこで海外の「ジューンブライド」という言葉を見つけ、よし!これだ!!

「6月に結婚式を挙げれば幸せになれるんだ!」ということを広めました。

それがジューンブライドとして6月に結婚式を挙げる人たちが多くなった理由なんです。

なんだか、ロマンチックじゃない・・・現実的・・・

そんな策略に私たちは踊らされてしまっていたの!?

 

嘘?本当?ジューンブライドの由来とは?

 

ジューンブライドとはギリシャ神話からきているんですよ。

6月は「June」ジューンですよね。かつて「Juno」ユノーという女神がおりました。

彼女はゼウスの正妻でありました。しかし、ゼウスはどうやら少し遊び人だったようです。

しかしユノーはそんなゼウスのそばを離れず見捨てず、ずっとそばで支えていたそうです。

ゼウスとユノーは子どもももうけ、結婚・出産・を経て、ユノーは夫・家庭・子どもを守る女神として崇められておりました。

その「Juno」から6月の「June」はユノーが守る月として、その月に結婚式を挙げると幸せになると言われているのです。

 

まとめ

企業戦略もありますが、ギリシャ神話でも6月は家庭を守るユノーの月、と言われているくらいですからきっと幸せになれるはず!信じる者はどんな時でも幸せになるに違いありません!梅雨で天気も不安定ですが、暑すぎもせず寒すぎもせず、もしかしたら6月の結婚式もいいかもしれませんよ。

スポンサードリンク

 

-結婚

執筆者:

関連記事

知ってた?ジューンブライドで結婚式や入籍するといい本当のわけ?

スポンサードリンク   「ジューンブライド」という言葉を聞いたことがありますか? 「6月の花嫁」ですよね。 女性ならあこがれる言葉ではないでしょうか? これから結婚しようと思っている方も「ジ …

結婚式のドレスのレンタルする際に注意することとは?

スポンサードリンク   結婚式にお呼ばれされたときに1番最初に考えるのは来ていくものではないでしょうか? 「あれ?ドレス持ってたっけ?」「入るかしら」「デザインが古いから新しいものにしようか …

おすすめ!結婚式で両親にプレゼントするならこれ!

スポンサードリンク   結婚式で両親にプレゼントをすることが多いと思いませんか? 調べてみるとおよそ90%の方が結婚式で両親にプレゼントを送っているそうです。 これから結婚式を挙げるカップル …

要注意!結婚式の招待状のメッセージで書いちゃいけないこと

スポンサードリンク   「結婚式に呼んでもいい?」「結婚式に来てね」と言われ 渡された友人の結婚式の招待状。 仲の良い友達なのですごく楽しみ!!お互い30代なので大人な結婚式になりそうです。 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。