健康

必見!女性特有の腰痛の原因はこれ!

投稿日:

スポンサードリンク

 

腰痛ってつらいですよね。

若い時はそんなに気にならなかったのに30代になるとどうしてこんなに体の節々が痛くなるのでしょうか・・・

やはり年には勝てないの・・・!?と自分はまだまだ若いと思っていただけにショックを受けることも多い今日この頃です。

私自身、出産を経て、やはり骨盤が歪んでいるからでしょうか。

毎日「あいたたたた・・・」と言いながら起床する毎日です。

寝たはずなの朝起きると腰の痛みでどっと疲れている。

みなさんはどんなときに腰の痛みを強く感じますか?

ここでは女性特有の腰痛について考えてみようと思います。

スポンサードリンク

 

腰痛の原因①便秘

 

え!?便秘で腰痛になるの!?とお思いの方もいらっしゃるでしょうか。

はい!便秘が原因で腰痛を引き起こすことがあるんですよ。

 

便秘になるということは腸に便が詰まっている状態ですよね。

溜まっている便、そしてためている腸はだんだんと固くなっていきますよね。

そこの部分の血流が悪くなり、痛みを感じやすくなります。

その痛みこそが腰痛になっていくというわけです。

 

腰痛の原因②生理前

 

生理前というのは女性ホルモン自体が崩れやすくPMSになる方も多いですよね。

排卵すると黄体ホルモンになり、骨盤内にうっ血が起きます。

原因①の便秘でも述べたようにうっ血が起きるとその部分に痛みを感じやすいと述べました。子宮は骨盤内にあるので腰痛を感じやすい位置にあるのです。

また生理前になると子宮内膜がはがれることで生理が起きます。

その子宮内膜が剥がれる時に「プロスタグランジン」という痛みの伝達物質が出てくるために腰痛に感じることがあるのですよ。

生理は軽い出産といわれることもあります。

女性は出産のための体作りにむけて、子宮内膜を厚くします(受精卵がなければそのまま生理になるわけですが)

そのときに出産にむけて骨盤を緩めるよう脳に指令を出すのです。

なので生理前は骨盤が緩みやすく、腰痛を感じやすいのです。。

 

まとめ

 

女性特有の腰痛は血流の悪さによって痛みを感じることがありますので、しっかり体を温めてあげることが大切です。

ゆっくり湯船につかり、リラックスすること。

また、ストレッチをすることで全身の血流の巡りも良くなり冷えも改善することが出来ますよ。また、体幹を鍛えることで腰痛に負けない体づくりをすることも大切です。

 

痛みが強くなる、いつまでも痛いという方は子宮内膜症や、子宮筋腫などの病気も考えられますので病院への受診をおすすめします。

スポンサードリンク

 

-健康

執筆者:

関連記事

ズバリこれだけ!腰痛を改善できるストレッチとは?

スポンサードリンク   腰痛って本当に辛いですよね。 腰痛があることで1日の大半が「いたたた・・・」「よいこらしょ・・・・」で行動してしまうんですよね。 みなさんはどんなときに腰痛を感じます …

注意!日焼けで水膨れは○○もサインかも?正しいケアの方法は?

スポンサードリンク   日差しが強くなっくる季節。どうしても、紫外線や日焼けが気になりませんか? 日焼けをすると、肌が赤くなったりヒリヒリしたり、皮がむけるなどのトラブルが出る方も多いと思い …

今年は解消!鼻炎は手術で治るの?漢方で治るの?

スポンサードリンク   鼻炎でお困りの方はいませんか~!? はい!ここにいます!現在鼻炎真っただ中!1年の半分くらい花粉やらなんやらなんやられてしまい、鼻水たらー、くしゃみ止まらん!本当につ …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。